「You Tuber 超入門決算書の見方 損益計算書シリーズ」 始まります

YouTube「荒木達也チャンネル」で、超入門決算書シリーズの 損益計算書シリーズが始まります。
損益計算書だけでなく、固定費・変動費・変動損益計算書についても説明します。

レジュメをご自由にダウンロードしてください。

「YouTube 超入門決算書の見方シリーズ」 始まります

YouTube「荒木達也チャンネル」で、超入門決算書シリーズが始まります。
決算書を読むとなると抵抗感がある方が多いと思いますが、それは細かい科目まで覚えようとするからです。
必要なのは、会社の数字の構造を理解し分析できるようになることです。

まずは、総論のレジュメをご用意しましたのでご自由にダウンロードしてください。

「YouTube でインプット 研修でアウトプット シリーズ」「マネジメント編」

「YouTube でインプット 研修でアウトプット シリーズ」の「マネジメント編」ができました。
もともとこのシリーズは、以下のような問題認識から生まれたものです。

  1. 講義や授業などインプット型の学習は学習定着率(覚えたい知識をどれだけ効率よくインプットできるかを具体的な数値で表したもの)が5%と著しく低く効果が薄い。
  2. 学習定着率が高いのは、自分で教える・グループ討議をする等のアウトプット型の学習方法だが、そのためには基礎知識の習得は必要。
  3. そうなると、インプットをした上でアウトプットを行うことが必要だが、これをどちらも研修で行うのは時間とコストの無駄がある。
  4. これを解決するためには、知識習得は動画(YouTube)で行い、研修はアウトプットを主体とするもので行う。
  5. 動画はYouTubeなので、誰もがスマホでいつでもどこでも何回でも見ることができる。

そのような想いで、YouTubeと連動しながら作っていますので、その内容と合わせて企画を増やしていきますので、宜しくお願い致します。
なお、記載されているアウトプット研修例はあくまでもサンプルです。

One to One 管理者育成プロジェクト

1.こんな管理者が増えています

わかっている知っているができない管理者、指示されたことは行うが自分から行動しない管理者、決めたことをやりきらない管理者・・・。
そんな管理者が増えています。

これを、知識偏重型の座学研修だけで解決できますか?
ケースや一般論を学ぶだけで解決できますか?
How Toを教えれば解決できますか

2.管理者に必要なことはなにか

経営学の重鎮であるH・ミンツバーグ教授が名著「NBAが会社を滅ぼす」で主張されているように、よきマネージャーは教室では育成されません。
マネジメントとは、「アート(ビジョン)」「サイエンス(分析・科学)」「クラフト(経験)」の3つを適度にブレンドしたものです。この3つを強化することが管理者の育成に繋がります。

アート・・・・直感、感性、ビジョン、哲学
 「アート」は創造性を後押しし、社会の展望を直感し、ステークホルダーをワクワクさせるようなビジョンを 生み出します。 

サイエンス・・分析、論理、データ
「サイエンス」は体型的な分析や評価を通じてアートが生み出した予想やビジョンに現実的な裏付けを与えます。 

クラフト・・・実行力、仕事の管理、人の管理
「クラフト」は、地に足のついた経験や知識をもとにアートが生み出したビジョンを現実化するための実行力を生み出していきます。 

3.どうやって育成するのか

1.自部署の使命・ビジョンを考える
 一般論ではなく、実際に自部署の使命を設定し、その上で自部署の「職場の理想像ビジョン)」を機能面・風土面の2面で構築します。
構築した理想像達成のための「自職場の課題」を実際に設定します。

2.職場課題の解決を徹底的に行う
職場課題の解決を、「具体策の実行 → 格闘(進捗レビュー) → 成果」というサイクルで行い、成果を出すまでやり抜く事を成功体験から学びま
す。

3.基礎知識は動画で繰り返し学ぶ
 実践するために必要な知識は、動画で繰り返し学べる環境にしています。
実践している中で必要性を感じながら学ぶので、高い意欲を持った取り組みが望めます。
動画は、マネジメントの基礎、問題解決の基礎、部下育成等多数

4.One to Oneで実践指導を行う
 各管理者の所属する部署の問題解決を行うので、集合研修というスタイルでは行いません。
各管理者とトレーナーが、1.5時間/1回の one to oneで実践指導します。
全員を集める必要がなく、無駄な時間が発生しません。

Youtubeで基礎を研修で応用を学ぶ シリーズ

  1. こんなにも違う学習方法と平均定着率

学習方法と平均定着率を表す「ラーニングピラミッド」によると、講義主体の座学研修の平均定着率はわずか5%です! 必要なのは、グループ討議や自ら体験する、他の人に教えるなど応用する学びが必要です。

2.基礎知識は動画で学び無駄な時間を省く!

そこでご提案するのは「Youtubeで基礎を、研修で応用を学ぶシリーズ」です。
基礎知識はYoutubeで事前に学んでいただき、研修では活用応用を行うシリーズです。

3.「Youtubeで基礎を、研修で応用を学ぶシリーズ」のメリット

①基礎知識はYoutubeの視聴で行うので無料で学ぶことができる。
②基礎知識はYoutubeで学習できるので、何度でも確認することができる。
③研修は応用に特化できるので、学びの定着に特化した内容を行うことができる。
④YouTubeだけの視聴でももちろんOK。
⑤様々な内容を組み合わせて行えるので、オーダーメイドな研修が可能。

まずは、人事考課から始めます。